Top | Biglobe Top | Wyvern | PhotoScrap | Visor | SiteMap

■096 生まれて初めて 2004/04/10

 今までの人生の中で、自分が経験してきたことは決して多くはありません。また、さわり程度しか経験していないことも多いです。
 経験浅はかな事象の中にいわゆる恋愛関係なんてなものも含まれています。まあPCマニアでありPDAマニアでありおまけに写真もずぶずぶ金をつぎ込んでやってるような男ですし。なかなか恋愛経験豊富とは行く訳もないのが実情です。世界はそこまで私に優しくはないのです。

 そんな自分の恋愛経験なんてのは実際語れるほどのものは何もありません。今現在も彼女と呼べる人もいなければ、その辺のキャバクラにでも行こうなんてな風にも思いません。初恋もあったかなかったか判らないような曖昧な記憶だけですし、まともなオツキアイなんてのもはっきり言ってした記憶がありません。
 言い訳はいくらでもできますが、自分に自信もなく臆病だったので色々自分に言い聞かせてやり過ごして生きてきました。

 ところが最近、とてもとても、本当に気になっている女性がいます。ありがちですが同じ会社のTさんという人だったりします。なんて言うんですかね、今までにちょっと気になってた人たちとは何か違うんですよ。

 今までもかわいいと思った人や気になる人はそれなりにいました。なんだかんだ言ってもオトコノコは基本的に女好きですからねぇ。同じクラスの女の子やサークルの女の子なんかが気になるのはまあ有りうる事だと思います。
 今までのそういう女の子たちに対しては「会ってるとき」は目が行ったり気にしてたりするんですが、例えばゲームしてたりネットつないでだらっとしてたりするときに思い出したり考えたりなんてしなかったんですよ。

 でも、今気になってるTさんの事はホントに暇があれば考えちゃってます。通勤の時間も仕事の合間も、寝る前も風呂に入ってるときも、一人になると考えちゃってます。こないだはゲームやっても全然集中できなくて5分で止めちゃいました。

 こういう考え方はあまり好きじゃないんですが、行動の優先順位というものを考えた場合、Tさんは自分が一人で行動する何かよりもはるかに上のほうに位置しているようです。その上には仕事くらいしか明確なものは思いつきません。

 私はTさんのことが好きなのだと思います。多分、今まで生きてきて経験した事がないくらい好きなのだと思います。仕事は違うフロアですが残念な反面ちょっとほっとしています。同じフロアだったら仕事にならないくらい目で追ってる気がするものですから。でも、同じフロアにいるときにはやっぱりTさんを探しちゃってます。目が合ったからって何ができる訳でもないんですがね。
 私のショップ時代からの先輩であり、おそらく社内で一番仲のいいIさんという方がいるんですが、TさんはIさんのアシスタントをしています。アシスタントですからTさんとIさんはよくお話している訳ですが、少なからずIさんに嫉妬している自分自身も意識しています。ホントに器ちいせえなぁ、自分。

 くだらないジョークはわりと話せるんですが、おちゃらけた人間ですので好きだと言ってもあまり信用されないかもしれません。自分の言葉に説得力が欲しいなぁ。
 今までの自分は、気になる人がいても「その人が幸せならそれでいい」と思ってました。わりと本気で。そこに自分を含めて考える事はありませんでした。それは自分らしくあるなと思う反面、やはり自分を卑下して、一歩引いているのだろうなと思いました。

 私はTさんを見ていると幸せです。Tさんがくだらないジョークででも笑ってくれると幸せです。Tさんに幸せになってほしいと思います。今までであった誰よりも幸せになってほしいと思います。ただ、許されるのならばその幸せをいつまでも見ていられればなと思います。生まれて初めて、誰かと一緒にいたいと願いました。

 Tさんが私の事をどう思っているかは分かりません。ちょっとは気にかけてくれているのか、ただ馬鹿な話をする人だと思われているのか。でもたとえどう思われていてもおそらく一生涯Tさんの幸せを願ってやまないと思います。

 生まれて27年、初めて本当に心のそこから誓って「好きだ」と言える女性に出会いました。その事実だけで自分の人生がまたひとつ幸福だった事を知るのです。 

トップに「基本的にフィクション」と書いてはいますが、ここに書いた事はすべて偽らざる事実です。誰に聞かれても胸を張って事実だと言えます。



メインページに戻る
tatuya@holythunderforce.com
Written by tatuya,since 1998-
powered by araya ver.0.91