Top | Biglobe Top | Wyvern | PhotoScrap | Visor | SiteMap

■093 年明けて 2003/01/06

 えー、そんなこんなで時既に2003年である。全くもって驚いたことに2002年を振り返ってみると、記憶の中では仕事が8割くらいを占めている。そりゃまあ、1月1日から12月31日まで仕事してりゃあそんな気がするのも満更在り得ないことではなかろう。

 で、何年ぶりか知らないが、珍しく今年の1月1日は休みであったので家で炬燵に入ってのんびりしていた。これに勝る倖せはないのではなかろうかと、喜び噛み締めるときである。

 そういえば去年の紅白はどっちが勝ったのだろうか。どっちでもいいのはまあ事実なのであるが、この時期よくあるネタに「今年の紅白どっちが勝った?」と訊いて、相手が答えると「今年はまだ紅白やってないんだよ〜だ」とかいう古典的なものがある。

 私はこれを逆手にとって、12月31日に紅白が終わった時点で友人に電話を掛けて「今年の紅白どっちが勝った?」と尋ねるというネタを何年も前から暖めているのであるが、これがまた毎年思い出すのは1月になってからで、使える期間が僅か数十分というピンポイントなネタであるが故にいまだ実践投入の夢は果たされない。全くもって無念である。これは是非に来年の12月31日の予定に組み込んでおこうと思う。





 そして1月2日からは普通に仕事をしておった私なのだが、郷里の友人より電話がかかってきた。あいにく仕事中であったが為に取れなかったのだが、留守電のメッセージを訊いてみるとこれがまたぶっ飛んでいる。

ピー「あー、○○です。あけましておめでとう。ところで、※メンホンって何翻やった?折り返し教えてくださ〜い。では。」


・・
・・・在り得ねぇ

 つーか何だお前ら。俺が仕事してる時に麻雀か。羨ましいじゃないか(笑)
 私も学生時分には麻雀をこよなく愛した男である。この数ヶ月、牌には触っておらぬが体は勝手に思えている。数えながら指を折るだけで、その役が何翻なのか自ずと分かる体になっているのだ。

 「え〜と、メンホン(指が3つ折れる)、イッツー(指が2つ折れる)、ドラドラ(2つ折れる)、うん、ハネマン。」
と訊かれていないことまで分かる(笑)


 年の始めから随分と楽しませていただいた友人たちには改めて「類は友を呼ぶ」という言葉を思い出させていただいた。
 ま、こんな感じで今年も何卒よろしくお願いいたします。

※メンホン:正式役名混一色(ホンイツ)。麻雀の役の一種で比較的容易にできる。面前三翻役。鳴いて二翻。



メインページに戻る
tatuya@holythunderforce.com
Written by tatuya,since 1998-
powered by araya ver.0.91