Top | Biglobe Top | Wyvern | PhotoScrap | Visor | SiteMap

■058 2周年記念 2000/10/02

 なんだかんだ言ってこのページも今日で2周年という事になる。う〜む、しかしよくもまあ2年も持ったものだ。実際1年くらいでやめちまうかとも思ったのだがどうしてなかなかものぐさな私はページを消すのも面倒だと思うらしい。潰す面倒さを嫌い更新するという変な考え方を抱く人間はそうそう多くはあるまい。ふっふっふ。どうだ。いや、どうってこたぁ無いと思うのだが。

 ざっと更新履歴などを眺めてみたところ、目立つ文字はやはり「モンコレ」「大きな独り言」「パソコン」あたりか。まあ折角だしコーナーごとに軽くふりかえってみよう。



 まずはモンコレから。生き残っている項目(まあ消した記憶は無いのだが)を見るとまずはトップに「モンコレ2雑記」。これは最近始めたコーナー。以下はモンコレ1の内容で 「デック紹介」 「こいつがお気に入りっ!」 「1ターンキル!」 「聖都の決闘者」 「モンコレプログラミング」 「やまもこのページ」 「モンコレコラム:地形」 とある。
 このうち「1ターンキル!」「聖都の決闘者」は明らかな一発ネタ。「こいつがお気に入りっ!」は他のモンコレページには無い偏ったページなので強く推したいところなのだがなんせ気に入ったカードが少ない。強烈な入れ込みが無いのだ。これ無くしてこのコーナーは始まらない。困ったものである。いっそのこと「4レベルユニット批評大会」でも始めてやろうか。4レベルユニットなら得意分野だからね。
 同様に立ち消えたのが「モンコレコラム」である。最初は種類ごとにでも書いていくつもりだったのだが遅々として進まない執筆を追い越してモンコレ2が発売されてしまった。いまさら1の戦略もくそも無い。
 「デック紹介」は何処にでもあるコーナーだし、個人のデックは然程増えていない。と言うかここの見所は何といっても「やまもこ」のデックであろう。勝ち残ったデックばかりであるし、いろいろな人が組んだデックであるからテーマも多岐にわたり楽しめる。
 そしてその大会の模様を記したのが「やまもこのページ」である。山口で開かれるモンコレの大会では1・2を争う歴史といかがわしさ(笑)を誇るものである。この大会の結果はひどく一個人の主観に偏っているので事実関係の如何はオフィシャルページを参考にすべきであろう。
 残るは問題の「モンコレプログラミング」である。これは別にやめたつもりは無いのだがVisualC++と言う環境のDOS時代からの変貌ぶりにどう対処して良いのか思案していると言うのが本音なのだ。実際、今でも稀に応援のメールを頂くことがあり、その度に「このままではいかん、何とかせねば」と思うのだが思うばかりでなかなか進まない。何とかある程度の形になるくらいまでは頑張りたいものだ。



 次は「パソコン」か。ここで更新が多いのは「パソコン拡張記」。ちなみに途中で2章になっているのはそこを機にパソコンが一新されたからだ。端的に言うとその手前でパソコンを売っ払ったからだ。それで手元からなくなったものだからその後からは第2章となっている。
 唯一役立ちそうな「パソコンって何なのさ」だが、まだまだ重要な「サウンドカード」「ケース」などが残ったままだ。これも早急に更新したいところである。加えて、執筆時点から変わっているところもあろうかと思うのでまた修正・加筆せねばならないだろう。
 その他のパソコン雑記は気が向けば更新するというスタンスだ。困ったのは更新するあても無い「プログラム室」か。まあ、VCの創作がてら何か更新するかも。



 いよいよ「大きな独り言」である。大体からしてこのタイトルは何なのか。基本的にコーナータイトルはすべて「部屋にありそうなもの」から取ったのだが駄文を書き連ねたものなどうちの部屋には無い。そこで「独り言」である。ただの独り言では聞いてもらえそうにないから「大きな独り言」だ。まったく大きなお世話である。
 ただの駄文のはずがいつの間にやら57本も書きあがっている。と言っても極端に短いものもあるし西京飯店ネタは異様に長い。まったくもって下らない物もあれば偶には真面目な話もある。
 兎も角何でも書きやすいので結構簡単に更新される。が、最近はだらだら書くわりにオチが無いことも多いので密かに悩んでいるとか。



 と、こうして書いたもののやはりこの文章にもオチは無い。兎も角2年もこんなページが続いたのも見てくれる方がいるからである。皆様方に感謝しつつこの文章は筆を置くことにしよう。



メインページに戻る
tatuya@holythunderforce.com
Written by tatuya,since 1998-
powered by araya ver.0.91