Top | Biglobe Top | Wyvern | PhotoScrap | Visor | SiteMap

■051 煙草を買おう 2000/06/29

 さて、今回はまたしても煙草の話である。

 ご存知の方も居られるかもしれないが、私には珍しい煙草の収集という一風変わった趣味がある。煙草を嗜むようになってもう数年が経ったが、その間に購入・喫煙に及んだ煙草の種類は100種類を超えるであろう。恐らく。ま、数えたわけではないのだが。
 今ざっと書き出そうとしたのだが30種類くらい思い出したところで疲れた。はっきり言って不毛である。実際、いくつかの銘柄以外は吸った味も忘れてしまうことが多い。それでもパッケージを見れば吸ったことがあるということは思い出すのだが。
 吸った煙草を忘れていくのは、それを吸いきってしまったときに箱などを捨て、記録しないからである。今思えば記録しておけば良かったなぁ。そうすればページのネタにもなるというのに。煙草データベースというのもなかなかオツであるかと思うのだが。



 余談ではあるが、私にとってコレクションとは全て使用するためにある。それが煙草ならば当然吸う。そればTCGなら当然遊ぶ。それが書籍ならば当然読む。そしてそれがパーツならば当然組み込まれることになる。別にパーツをコレクションする趣味はないんだけどなぁ。

 まあそれはどうでも良いことだ。それよりも今は煙草の話なのだ。



 それは先日のことだった。私は山口に行くことになった。目的が酒を飲むことだというのが少々馬鹿馬鹿しい。ともかく、酒を飲むためには煙草は欠かせない。ええ、誰が何と言おうとも欠かせないのです。
 酒の席というものは、著しく煙草の消費量が増えるのです。酔っ払うと火の付いた煙草を灰皿に置きつつ新たな煙草を取り出し、火を付けてしまうこともしばしばです。酔った勢いで100円玉に煙草を通したりすることもあるでしょう。JOJOよろしく火の付いた煙草を「くるっ」と回しつつ口の中に入れたりするかもしれません。あまつさえ鼻から煙を出す始末。そんな馬鹿なことを繰り返すうちに煙草はどんどん無くなっていくのです。

 山口に向かえば煙草の消費量が増えるというのはもはや明白です。すなわち煙草を買いこんでおく必要もこれまた明白なのです。

 そして私は奈良へ赴くのでした。今私にとって煙草といえば奈良なのです。JR奈良駅のすぐ近くに様々な煙草を売っている煙草屋が存在するのです。
 私もそこまで暇でもありません。自動車学校で実習を終え、難波へ行き、日本橋を経由しつつようやく奈良へとたどり着くのでありました。ああ、忙しい。ってまあ日本橋は趣味で歩くのですが。

 棒のようになった足を引きずり、私はようやく目的の煙草屋にたどり着きました。目的の煙草はすでに決まっている。NaturalAmericanSpirit(以下NAS)という煙草だ。これがまた格別に美味いのだ。どれくらいかというとその辺のインスタントのソース焼きそばと「俺の塩2000GT」くらい違う。違いが分からぬという貴方は今すぐコンビニに向かうことをお薦めする。
 「う〜ん、いくつ買おうかなぁ。」取敢えず自動販売機に280円を入れる。で、NASを買おうとボタンを・・・とその横に新しい煙草が。「おお!?新しいのが!」しかしここは落ち着いて予定通りNASを2箱購入する。んで改めて自動販売機に300円投入。新しい煙草を購入するか・・・「あぁ!?」良く見ると隅の方にBailey'sという煙草があった。これがまたあまり見かけない新しいめの煙草で、ベイリー家の皆さんが丹精こめて作っているこれまた美味い煙草なのである。両方欲しい。しかし金が無い。今買えるのはどちらか1つだけだ。

 自動販売機の前で思案する男。そして自動販売機には300円が投入されている。そして時間が過ぎていく・・・

馬鹿な絵であったのだろう。恐らく馬鹿な光景に違いない。

 たっぷり2分ほど悩んだ私は結論を出した。「とりあえずBailey'sを買おう。新しいのは明日買えば良い。」

 やはり馬鹿は直らないようである。



メインページに戻る
tatuya@holythunderforce.com
Written by tatuya,since 1998-
powered by araya ver.0.91