Top | Biglobe Top | Wyvern | PhotoScrap | Visor | SiteMap

■043 ミレニアムというらしい 2000/01/10

 最近何かと巷を騒がせていますね。そうです。ミレニアムです。
 いきなりミレニアムといわれても何の事なんだかさっぱりわからないような気もするのですが。ともかく世間はミレニアム一色といえるでしょう。千年紀、だとか千年間、なのだそうですがミレニアムなどといわれると何だかすごそうな感じがするものです。まさにミレニアムの面目躍如といったところでしょうか。これだからミレニアムフリークはやめられない。これこそミレニアムの本懐といったところでしょう。
 こう言ったところで一個人的には例年と何ら変わることのない年末年始なのですが。

 そんなミレニアムの出だしは世間様的にこれまた話題の2000年問題で始まったのです。
 2000年問題、いわゆるY2Kというやつです。まあ今更どうこういうものではないのですがコンピューターの中には西暦を2桁で管理しているものがあって、それが2000年を1900年と勘違いしたりする事によっていろいろな問題がひき起こされるかも、というやつです。

 しかしまぁ、なんでまた「Y2K」などという名前をつけたのでしょうか。別に2000年問題でいいじゃないですか。K2Cなら「米米クラブ」ですが、Y2Kなどいいとこ「よれよれ恵三君」です。しかしまぁうざったいですなぁ、あの首相の顔は。
 というかなぜにあれほど政治家の顔というのは胡散臭いのでしょう。私のような政治のことなど何もわからないような若造はどの面見ても信用に置けないと思ってしまうのですが。

 閑話休題。

 まあ、とりあえずたいした事はなかったようですがね、Y2K。小渕君もあの野暮ったい顔でなんか言ってたようですが。しかし何が悲しくて正月早々あんな心気臭い面を拝まなくちゃならんのでしょうか。また同じ事を考え始めてるなぁ。いかんいかん。そんな事を思いながら一人ビールをぐびり。

 さて、そんな2000年最初の日、西暦2000年1月1日その日になった瞬間、私はようやくバイトが終わったところでした。はぁ、虚しいですなぁ。んでもっていろいろ気になるわけです。自分のパソコンは大丈夫か、ホームページやメールサーバー、掲示板なんかも死んでないかななど。というわけで仕事が終わってすぐに帰り、おもむろにパソコンの電源を入れるのです。
 ぴぽっ、という起動音。とりあえずパソコンは無事か。その後ホームページや掲示板、メールサーバーのチェックをする。とりあえずうちは大丈夫っぽいな。どっかの掲示板が19010年くらいになってたけど。
 とまあこんな感じに最も懸念されていた2000年問題は何事もなく無事に過ぎ去ったのです。が、最近調子の悪かった私のパソコンはもう何度目になるかもわからないほど行ったOSの再インストールを行う羽目になったのです。
 何が悲しくてこのミレニアム最初の仕事がWindowsの再インストールなのでしょう。まあ、先のミレニアムの最後の仕事がバイトというのも虚しいのですけどね。



メインページに戻る
tatuya@holythunderforce.com
Written by tatuya,since 1998-
powered by araya ver.0.91