Top | Biglobe Top | Wyvern | PhotoScrap | Visor | SiteMap

■004 多重人格と精神分裂症 1998/10/05

これまた奇っ怪な見出しではあるが、こういうことにも僕は興味がある。
と言うよりも、僕には多重人格というやつが信じられない。

多重人格というのは、一人の人間の中に、違う性格の人格が
その記憶までもが別々の状態で他の人格の存在を知らずに存在するというものである。
問題は、ある人物が「自分は多重人格だ」などと言うことがありえないという点だ。
そういうのは単なる精神分裂症というやつだ。
自分は自分に他の性格があることを知り、同じ記憶を共有する。
これが精神分裂症である。

巷に溢れかえる自称多重人格者達を見る度に、
そういった存在の登場する小説・テレビなどを見る度に
「それは違うんだぜ」と思ってしまう。
まあ、そう思ったところで何にもならないのだが。

ちなみに僕は精神分裂症の人間だ。そう思っている。決して多重人格者などではない。
まあ、人に言ったところで何にもならないのだが。



メインページに戻る
tatuya@holythunderforce.com
Written by tatuya,since 1998-
powered by araya ver.0.91